廃墟・・・といえば病院や学校、かつて大富豪が住んでいたと思われる邸宅などを思い浮かべる人が多いが、刑務所も使われなくなれば当然、廃墟となる。

 

画像出典:thesun.co.uk

こちらはアメリカ、ペンシルバニア州・フィラデルフィアにあるイースタン州立刑務所内部の写真だ。1892年に建てられたこの刑務所は、全米の中でもトップクラス級の凶悪犯が収容されていたという。

 

画像出典:thesun.co.uk

1971年に閉鎖。その後はフィラデルディア市が買い上げ、ここをショッピングセンターにする計画があったようだが、現在まで実現されずにいる。

 

画像出典:thesun.co.uk

敷地の無駄使いとの批判もあるだろうが、それでもこの刑務所はなかなか趣があり、観光客にとても人気があるそうだ。それではこれからこの人気の刑務所内部を少しだけご紹介するので、ご覧いただきたい。

 

画像出典:thesun.co.uk

画像出典:thesun.co.uk

こちらの豪華な部屋にいたのはあの大物ギャング、アル・カポネ。

 

画像出典:thesun.co.uk

この椅子(“通称・頭がおかしくなる椅子”)で囚人を拘束していたという。

画像出典:thesun.co.uk

画像出典:thesun.co.uk

画像出典:thesun.co.uk

画像出典:thesun.co.uk

かつてここに収容されていた犯罪者たちはどのような罪名を背負っていたのだろう。そんなことを色々と想像しながら見学するのも楽しいかもしれない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:thesun.co.uk/GANG HOUSE Eerie photos reveal crumbling haunted remains of gangster Al Capone’s prison cell and jail’s so-called ‘mad chair’ once used to restrain inmates
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ