カナダ・ケベック州の15歳少年ウィリアムが、古代マヤ文明の都市を発見した。これがまたスゴい方法で見つけているので、ご紹介したい。
 

画像出典:Yahoo!

ウィリアムは3年前からマヤ文明の都市を調べはじめた。するとマヤ文明の117の都市と、実際の星座の位置が、完全に一致していることが分かった。

すなわち、マヤ文明の人たちは星座に応じて、都市の位置を決めたというわけだ。
 

画像出典:Wikipedia/マヤ文明

さらにウィリアムは星座に対応すべき都市が、1つないことに気づいた。3つ星に対応する都市が2つしかなかったことから、もう1つの都市が存在するはずだと仮説を立てた。

そこで彼は、NASAとJAXAのデータを得るためにカナダ宇宙庁に行った。衛星画像をGoogleEarthにマッピングして、星図を重ね合わせた。そして衛星画像を拡大して調べてみると、ピラミッドや家屋が集まった新都市が見つかった。

研究者たちはわずか15歳の少年に打ちのめされたのだ。

新都市は、K’aak Chiと命名された。マヤ語で“火の口”という意味になる。

 

■日本語に翻訳されたツイート


 

■お菓子研究家・福田里香さんがツイート

ホント、天才!
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Yahoo!/Quebec teen discovers ancient Mayan ruins by studying the stars
参照:INDEPENDENT/Forgotten Mayan city ‘discovered’ in Central America by 15-year-old
画像出典:Wikipedia/マヤ文明
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ