小さい幼児のための教育も兼ねたおもちゃ『ピタゴラスシリーズ』に代表される磁石ブロック。辺と辺が磁石でくっついて立体を組み立てることができ、頭の体操にももってこいだ。

こちらの動画では、そんな磁石ブロックの楽しい遊び方を紹介している。

 

 
画像出典:YouTube(Tomer Moli)

 
画像出典:YouTube(Tomer Moli)

 
画像出典:YouTube(Tomer Moli)

 
画像出典:YouTube(Tomer Moli)

 
画像出典:YouTube(Tomer Moli)

四角形や三角形のブロックをテーブルの上に並べていく。

そして中央のブロックをつまんで持ち上げると・・・

みるみるうちにブロック同士がくっつき、立体が完成!

立体の展開図がひとりで立体になっていくような面白さがある。中央に穴が空いているので持ち上げやすい。

持ち上げる瞬間まで「どんな形の立体になるのか?」というワクワク感もあり見ていて楽しい!

子どもの立体的な思考を養うための遊びとしてももちろん、大人がやっても楽しめそうな遊びだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Tomer Moli)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ