画像出典:viralnova

 
 
墓地には似つかわしくない蛍光色のドレス、しかも着ているのは男性です。
 
 
なんて不謹慎な・・・!と、思われる方もいるでしょう。
 
 
しかし、彼の行動には理由があるのです。
 
 
 
 
 
かれこれ3年ほど前のことです。
 
 
イギリスのある兵士、ケビン・エリオット(Kevin Elliot)はアフガニスタンへ発つ直前、親友であるバリー・デラニー(Barry Delaney)にこんなジョークを言いました。
 
 
「もし戦死することがあったら、とびきりダサいドレス着てオレの葬式に出てくれよ。」
 
 
ケビンがアフガニスタンにいる間も、2人は連絡を取りあい強い友情で結ばれていました。
 
 
しかし時は経ち、ケビンは帰らぬ人となってしまいました。
 
 

 
 
バリーは親友との約束を守ったのです。
 
 

 
 
きっと天国で、ケビンは大笑いしてくれていることでしょう。
 
 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:viralnova
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ