インド南部のケーララ州で行われる、“オナム”という奇祭をご存じだろうか?

ケーララ州最大の祭りであるオナムは、マラヤーラム暦というインドの暦法でのチンガム月と呼ばれる月に行われる祭りで、収穫祭の側面を持つといわれている。

千数百年の伝統を持つというオナムだが、その最終日には“プリカリ”と呼ばれる祭事が行われ、なんと町中を虎の扮装をした「虎人間」が踊りながら練り歩く。

その姿が、あまりにも虎すぎたのである。

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

画像の中には、女性が虎に扮しているものもある。

長い伝統を持つ祭事では女人禁制のルールがしばしばみられるが、今年のオナムでは、なんと200年ぶりに女性の参加が認められたという。

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

プリカリという言葉は「プリ(Puri)」がトラやヒョウを意味し、「カリ(Kali)」が遊びを意味するという。

男たちはプリカリのために体中の毛を剃り、極彩色の彩色を肌に施す。ボディペイントの緻密さも素晴らしいが、虎の仮面の完成度にも驚かされる。

プリカリの熱気が、画像からも伝わってくるようだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:AcidCow.com/Thousands Gather To Do The Tiger Dance In The Streets Of India
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ