退職する際にはいろいろな理由があろうが、後腐れがないよう、なかなか直接職場の人には本音は言いづらいもの。

しかし、「何でも言ってもいい」と言われたのなら話は別かもしれない。

今回、前職の職場で不満をぶつけてやったというツイートが話題となっている。

 

 


 

デリケートな問題なのもあり、働いている最中はセクハラされてもなかなか言いづらい。

そこにつけ込み、しかもあえて堂々とすることで許されるような空気を作り、しかも周りの社員もそれに同調して怒りづらい空気にしてしまう。

最低な行為であるが、これをハッキリ嫌だと言ってやったときはさぞ気持ちよかっただろう。

よくぞ言った!!

これには同様の経験をもつTwitterユーザーから、賞賛の声が届いている。

 

 

 

 

 


 

泣き寝入りすることがないよう、しっかりと意見を言うという初めの一歩を踏み出すことが、問題解決と働きやすい環境づくりのために必要なことだろう。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ