サンドイッチを買おうとした、とある男性。高額紙幣の100ドル札しか手元になかったため、
 
 

ついでに20ドルのスクラッチくじを2セット購入した。
 
すると、なんと1000万ドル(約11億9000万円)に当選してしまったのだ。
 
 

画像出典:The Boston Globe

 

この幸運な男性はアメリカ・マサチューセッツ州在住のリチャード・ノールさん。
 
 

税金を引いた金額を受け取り、
 

「豪邸を買って、孫を連れてディズニーワールドにも遊びに行きたい。財テクも考えています」
 

と話しているとのこと。
 
 

このスクラッチくじは2013年からはじまり、これほど高額のキャリーオーバーになったのはまだ3回目。なんともうらやましいお話。
 
 

また、リチャードさんは、スクラッチくじ(とサンドイッチ)を販売していた食料品店の店主にも、お礼として5万ドル(約590万円)を渡すつもりということだ。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:The Boston Globe/Revere man’s lunch parlays a $100 bill into $10 million prize
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ