イスラエル在住のbenlaorさんは、数年前に愛犬を亡くした。
 
さらに彼はハードディスクの故障により愛犬との思い出の写真を全て失ってしまった。
 
 
心に空いた穴を埋められることなく月日は流れた。
 
 
そんなある日、突如訪れたある奇跡について、benlaorさんが海外掲示板サイトredditに投稿し話題となっている。
 
 
なんと亡くなった愛犬の生前の姿が、グーグルストリートビュー上で発見されたのだ。
 
 

画像出典:imgur.com

 
 
自宅付近をストリートビューで眺めていたところ、駐車場でひなたぼっこをしている愛犬の姿をbenlaorさんが偶然見つけたそうだ。
 
 
思わぬ再会に、benlaorさんがその喜びと感謝の気持ちを掲示板で綴ると、
 
ネットユーザーの中には、その写真を高解像度で引き伸ばしてくれる人が現れた。
 
さらには、絵画を描いてくれる人も登場し、感動の輪が広がっている。
 
 

画像出典:imgur.com


 
 
画像出典:imgur.com

 
 
イスラエルにストリートビューが導入されたのは2012年であったが、benlaorさんは最近までその存在を知らなかったため2014年になって初めて愛犬の姿に気づくことができたようだ。
 
 

愛犬を発見したとき、benlaorさんはどれほど感動されたのだろう。そしてその輪が広がっていくことにどれほどの喜びを覚えているのだろう。
 
 

愛犬は亡くなっても飼い主の心の中で生き続ける。そのことを深く感じさせてくれた出来事だ。

 
 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:reddit.com/Share you personalised message on Street View
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ