安全保障関連法案への反対運動などで暗躍した学生団体「SEALDs」の中心メンバー・奥田愛基さん(23)が、9月28日自身のTwitterで自身と家族に殺害予告が届いていたことを明らかにした。

 

画像出典:SEALDs

 


奥田さんのツイートやメディア報道によると、9月24日に奥田さんの通う明治学院大学に、「奥田さんと家族を殺害する」という趣旨の書面1枚が入った封筒が届いた模様だ。すぐに奥田さんは神奈川県警港北署に被害届を提出した。

安全保障関連法案への反対運動の加熱から、奥田さんのメディア露出が増える一方、TwitterやSNSには誹謗中傷が相次いでいるようだ。

これには脳科学者の茂木健一郎さんも苦言を呈している。

 


Twitterを覗いてみると確かに投げ込まれている誹謗中傷の数々、そして今回の殺害予告。

賛成派も反対派も、もう少し冷静に話し合えることができれば良いのだが・・・。

 

【追記】9月30日 11:32
24日に最初に書面を受け取ったのは、奥田さんの通う明治学院大学ではなく明治大学だったそうだ。その後、明治大学は警察へ通報するとともに、明治学院大学へ書面を送付。明治学院大学が実際に書面を受け取ったのは2日後の26日だという。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:朝日新聞/SEALDsの奥田さんに殺害予告届く 大学に書面
画像出典:SEALDs
関連:奥田愛基Twitter
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ