放火魔を逮捕したら、なんと消防団員だった!?

報道各社によると、大阪府警交野署は、街中のバイクカバーやポスターなどに繰り返し火をつけた疑いで、大阪府交野(かたの)市に住む造園業・久保田慎容疑者(36)を逮捕した。

驚くべきことに、久保田容疑者は2012年4月から地元の消防団に所属しており、今年1月11日に民家のバイクカバーに放火した際、直後に発見者に協力を求められて消火活動に参加。色々な意味で暗躍し、消防署から感謝状をもらっていたというのだ。

警察の発表によると、久保田容疑者は同市内で起きた7件の不審火に関与したとの疑いがあり、「仕事で怒られてイライラしていた」と、本人も容疑を認めているという。

 

画像出典:Amazon/消火戦術ガイドブック (イカロス・ムック Jレスキュー消防テキストシリーズ)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:朝日新聞/消防団員を放火未遂容疑で逮捕 自ら消火、感謝状も
参照:産経新聞/自分で火をつけ消火、感謝状まで…36歳消防団員を逮捕「仕事で怒られイライラ」 
画像出典:Amazon/消火戦術ガイドブック (イカロス・ムック Jレスキュー消防テキストシリーズ)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ