ドローンによる配達などの試験導入が進んだりと、ドローンのおかげで日常がもっと便利になる兆しが見えつつある今日。

しかし便利なものにはリスクもつきもので・・・

こちらの動画は、アメリカで行われた、空を飛ぶ飛行機の翼にドローンがもし衝突したら・・・という実験映像だ。

 

 
画像出典:YouTube(University of Dayton)

 
画像出典:YouTube(University of Dayton)

 
画像出典:YouTube(University of Dayton)

 
画像出典:YouTube(University of Dayton)

こちらの実験に起用されたのは、小型飛行機『ムーニーM20』の翼と、ドローン『DJI ファントム2』。

離陸した際の速さに相当する時速383キロで実験が行われた。

飛行機の翼に向かって突っ込むドローンは、ぶつかった瞬間に粉々に破損しながら翼の内部にめり込んでいく・・・

飛行機の翼も想像以上に破損が激しい。

過去に軍用ヘリとドローンの接触事故もあっただけに、『もし滑走路にドローンが侵入したら・・・』という不安を考えずにはいられない。

テロ対策などに向けたドローンの規制強化が求められそうな結果となった。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(University of Dayton)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ