街づくり系のゲームの先駆けとも言えるソフト『シムシティ』。Mac版やスーファミ版の登場からはや30年が経とうとしているが根強いファンは多い。

そんな『シムシティ』の、幻のファミコン版が海外の中古店にて発見されたという情報が入った。

 

 
画像出典:YouTube(The Video Game History Foundation)

 
画像出典:YouTube(The Video Game History Foundation)

 
画像出典:YouTube(The Video Game History Foundation)

スーパーファミコン版と同時に発売されるはずだったファミコン版の『シムシティ』。

しかし発売が中止となり長い間幻のソフトになっていた。

ゲーム進行のDr.ライトも健在。ゴジラのファンだった制作者のウィル・ライト氏が仕組んだ『怪獣に街を壊される』というギミックもそのままだ。

簡素なパッケージのプロトタイプということだが、バグやスペルミスなどはあったものの普通にプレイできるという。

レトロゲームが再注目されることが多い昨今において、この吉報はシムシリーズファンにとってはたまらないだろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(The Video Game History Foundation)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ