毎日きちんと磨いているつもりなのに・・・、
 
いつの間にか出来ている虫歯。
 
 
もしかしたら『磨き方』に原因があるのかも。
 
 
やってはいけないとされている歯磨きにまつわるNG行動をご紹介します。
 
 

【NG1:食後すぐの歯磨き】

画像出典:ISA_18 by Irina Saprykina(Flickr)

食後の口の中は、食べものの影響で酸性になっていることがあります。
 
その状態で歯磨きをすると表面のエナメル質を傷つけることになってしまうので、食後30分ほどは磨かないほうがいいと言われています。
 
 
 
 

【NG2:歯ブラシを水でぬらす】

画像出典:Toothbrush **with spray [Explored] by Richard Farrell(Flickr)

歯ブラシを水で濡らしてから歯磨き粉をつけて磨くと泡立ちがいいですよね。
 
そのため、短時間でも磨けたような気持ちになってしまい、実はきちんと磨けていないということがあります。
 
水に濡らさずに、乾いた歯ブラシに歯磨き粉を付けて磨くようにしましょう。
 
 
 
 

【NG3:歯磨き粉の付けすぎ】

画像出典:Toothpaste by Michael Cohn(Flickr)

歯磨き粉をたくさん付けたからといって、効果が倍増するわけではありません。
 

研磨剤が含まれている場合には、知覚過敏(ちかくかびん)になる可能性すらあるので、
 
小豆1粒大を目安に使うといいようです。
 
 
 
 

【NG4:強く磨き過ぎる】

画像出典:Extreme Toothbrushing in Accord by Ezra Barnett Gildesgame(Flickr)

ゴシゴシと音がするくらいに、強く磨くと歯や歯茎を傷つけてしまう可能性があり虫歯のリスクを高めます。
 
歯を1本1本、あまり力は入れず時間をかけて丁寧に磨くことを心がけましょう。
 
 
 
 

【NG5:舌をみがく】

画像出典:Pauline brushes tongue by Emily Gaudette(Flickr)

舌の汚れや口臭を気にしてるからといって、ブラシで磨くのは危険です。
 
発泡剤や研磨剤の入った歯磨き粉で舌を磨くと、粘膜を傷つけ炎症を起こしてしまう可能性があるからです。
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーー
 

知識を身につけて、正しい歯磨きライフを!
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:内田歯科オフィシャルサイト/ていねいな歯磨き・プラークコントロール
参照:五十嵐歯科室オフィシャルサイト/予防歯科Q&A
参照:田村歯科オフィシャルサイト/歯磨きの功罪
参照:花王健康科学研究会/歯磨きにまつわる”真”事実〜虫歯を予防して健康に〜
参照:マイナビウーマン/歯科医に聞く! NGな歯の磨き方「濡らした歯ブラシに歯磨き粉をつける」「たっぷりの水で口をゆすぐ」
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
 
 


※本記事内のFlickr画像につきましては、著作権者が無料使用を許可しているものを、Flickrの画像埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ