学校の校庭に突如としてメッセージがあらわれた。

「カミ パン SOS 水 コクフ」

熊本地震により避難所となっている熊本市中央区にある熊本国府高校で、パイプ椅子で必要な物資を知らせた。朝日新聞によるとパイプ椅子はおよそ200個使用されたという。

避難所には約400人がいるが、救援物資がほとんど届かない状態で、お菓子と飲料しか口にしていない人もいたようだ。

卒業生らが中心になって制作されたパイプ椅子のメッセージは、Twitterを通して拡散された。
 


 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:朝日新聞/パイプ椅子で「SOS」の文字 熊本国府高校グラウンド
参照:毎日新聞/熊本地震 椅子で作った「SOS」に支援物資届く
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ