「猫の島」といえば、猫好きの聖地と称される宮崎県石巻市の田代島を始め、世界中から観光客の訪れる話題のスポットだ。

田代島以外にも日本には猫好きの注目を集める猫島がいくつかあるが、猫好きなら注目せざるを得ない意外なスポットがハワイにもあった。

アメリカ・ハワイ州のラナイ島にある「ラナイ・キャット・サンクチュアリ」では約2300平方メートルの土地に500匹ほどの猫が暮らしている。

 

 


まさに猫の楽園といえるキャット・サンクチュアリには、領域を隔てる柵はあるがケージはない。猫たちは自然豊かな施設の中を、自由気ままに遊び回っている。

 

キャット・サンクチュアリを創設するきっかけとなった理由の1つが、絶滅危惧種の鳥を保護することだったと、創設者のキャシー・キャロルさんは語っている。

この島に夫と移り住んだ彼女は、増え続ける野良猫が鳥たちの脅威となっていることを知り、猫たちをシェルターで保護することを思い立ったという。

こうして生まれた猫たちの聖域は、野放図に増え続けていた猫たちを保護し、観光施設であると同時に、猫たちに手厚い医療や看護、そして里親を捜すための貴重なコミュニティとなっているのだ。

 

 

 

 

 


絶滅を逃れた島の鳥たちと、快適な環境を与えられた猫たち。ネイティブだった両者にとって、施設はまさにウィン・ウィンの関係となっている。

 

 

猫好きの方は、一度Lanai Cat Sanctuaryを訪れてみてはいかがだろうか。

そして思う存分に猫まみれになりながら、人と猫が共存する意味について、もう一度思いを巡らせるきっかけとして欲しい。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
関連:Lanai Cat Sanctuary
参照:Hawaii Magazine/This cat sanctuary on Lanai has become Hawaii’s most surprising travel destination
参照:Huffington Post/Cuddle 500 Kitties At This Heavenly Cat Sanctuary In Hawaii
画像出典:Instagram(lanaicatsanctuary)
画像出典:Twitter(Lanai Cat Sanctuary)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ