38歳のギルジェシュ・パルが自分の娘クシを殺したとして殺人容疑で逮捕された。

ギルジェシュは娘をハンマーで撲殺した。妻であり母親であるスニタの目の前で・・・。

スニタの証言によると、ギルジェシュは撲殺した後、自身の娘であるクシの血を飲み始めたという。

スニタは彼がこのような暴挙に及んだ理由として「家計の困窮を解決するために女神への生贄として自身の娘を殺害したのではないか」と推測している。

騒ぎを聞きつけた村人や、スニタ、十代であるスニタの息子たちが父を止めようと果敢に試みたが、ギルジェシュはクシを押さえ込んでおり、それでも立ち向かったスニタはギルジェシュに殴られてしまったそうだ。

村人の中にはギルジェシュがある種のカルト教団に傾倒していたと証言する者もいるようだ。

 
画像出典:Amazon/大五郎 両口ハンマー 4P (4ポンド)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:Daily Star/Father ‘beats his own daughter to death with a hammer before drinking her blood’
画像出典:Amazon/大五郎 両口ハンマー 4P (4ポンド)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ