無責任な自撮りによって、幼いイルカが死んでしまうという悲劇が南米で起こった。

 

画像出典:IFLScience

イルカの死因は脱水症状。

水の中で生きるイルカにとって、南米の灼熱の日光と人々の熱気は、耐え難いものだったのだ。

この悲劇が起こったのは、南米の国アルゼンチンの首都・ブエノスアイレス郊外のビーチリゾート。

画像の通り、写真や自撮りを撮りたい多くの人によって、水の中から連れ出されたイルカは、その暑さに耐え切れず次第に衰弱。

最終的に死んでしまったのだ。

 

画像出典:IFLScience

専門家によると、イルカは“ラプラタカワイルカ”という種類。

世界最小のイルカであり、南米に生息するイルカの中でも特に個体数が少なく、珍しいイルカであるという。

その希少さから、自然保護団体が保護を呼びかけているほどである。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:IFLScience/Tiny Dolphin Dies On Beach As Tourists Pass It Around For Selfies
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ