昨日、ViRATESでは、『あるMT車に具体的な“初心者ぶり”の説明を発見』という記事で、自分の運転の問題点を細かく説明した斬新な“初心者マーク”をご紹介した。

しかし、これの上を行く“高齢者運転マーク”の進化系が新たに発見され、話題となっているようだ。

話題のマークはコチラ!

 


 

「お先にどうぞ あの世には私がお先に」

「大正六年生れ 超後期高齢者、キャッシュカード残はナシ どうせ人生も残はナシ 後のドライバーさん この字が読める程近づかないでください」

ここまで来るとちょっと恐ろしい・・・。絶対に近づきたくなくなってくる・・・。

もし、これが事実だとするならばこのドライバーは100歳ということになる。

高齢者ドライバーの事故が目立つ昨今、そろそろ免許を返納していただきたものだが。

 

■以下、Twitterの反応


 


 


 


 


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ