8月7日午後7時半すぎ、東京・杉並区の富士見ヶ丘商店街で、祭りの最中に近くの建物から火炎瓶のようなものが投げつけらた。

ほぼ同じ時間帯に、この建物から出火が発生し、中で60代の男が首を吊って自殺を図り、心肺停止の状態で見つかったということだ。

現場では1歳や6歳の女の子を含む男女15人がけがをした。

ネットでは、この“火炎瓶が投げ込まれた瞬間”を偶然撮影した時の映像が公開されている。

 

 

火が燃え広がった道路では、ボンベのようなものや油のようなものが入った瓶が見つかっているということで、警視庁が詳しい経緯を調べている。

現場は京王井の頭線の富士見ヶ丘駅前の商店街で、祭りを見に来ていた家族連れなどで賑わっていて、一時、騒然となった。

 

 

祭りを主催した富士見丘商店会の永井邦夫会長によると、7日夜、突然、何かが割れる音がして火が燃え上がり、現場が騒然としたということだ。

また、けが人の多くは下半身を中心にケガをしたようだ。

永井さんは「サンバ隊が通りすぎた建物から、突然、火炎瓶が降ってきた。合わせて5回くらい投げ込まれたと思う。こんなことは今までになく、とても驚いている」と話している。

 

男は付近で自殺 祭り会場に“火炎瓶”投げ15人けが(16/08/08)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:NHK/祭りの最中に火炎瓶か 15人けが 東京 杉並区
関連:YouTube(ANNnewsCH)
参照・画像出典:YouTube(タカ)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ