画像出典:YouTube(ProjectA)

 
 
学校でひどいイジメを受けていたレオンドルくん。
 
 
彼は両親に心配をかけまいと、1人で耐え続けていました。
 
 
そんな日々が2年続き、レオンドルくんの身体にはアザやケガが増え、ついに親にイジメを告白しました。

 
 
レオンドルくんは転校することになり、その学校で友だちになったチャーリーくんと「Bars & Melody(バーズ・アンド・メロディ)」というバンドを組みます。
 
 

そして、レオンドルくんの壮絶なイジメ体験をもとにした歌が作られます。
 
 

曲名は、「Hopeful(ホープフル/希望)」。

 
 

 
 

レオンドルくんは、ひとりの親友との出会いで“希望”を取り戻すことができたのでしょう。
 
 

 
 

レオンドルくんとチャーリーくんは、イギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』に出演。
 
 
2人のパフォーマンスに、観客たちはスタンディングオベーションで賞賛。
 
 
会場は感動の渦に包まれました。

 
 




 
 

「希望が つらいことから 君を 引き離してくれる」
 
 
彼らのメッセージが胸に響きます。

 
 

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:Mirror/BARS & MELODY
参照・画像出典:YouTube(ProjectA)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
  

  

バイレーツをフォローしていただくと、新着記事が届きます。

☆Facebookページ☆

☆Twitter☆








この記事に関するまとめ