長い人生の中には、最悪の事態に遭遇するもラッキーな結果になることがある。
 
 
造園業に携わる27歳の男性が、目に釘が刺さる事件が起こった・・・。
 
 
Mirrorによると、男性が小型芝刈り機で作業をしていたところ、落ちていた釘がヒット!
 
 
運悪く男性の右目に突き刺さってしまった。

 
 

画像出典:Mirror

 

男性は、ボストンのマサチューセッツ総合病院に搬入された。
 
 

釘の長さは3インチ(およそ7.62cm)ほどだったというが、幸運なことに眼球を貫通していなかった。
 
 
ただし、2本の動脈に近い場所に刺さっていたため、手術を行った神経外科医のワエル医師は「引き抜くときは出血するだろうと心配していた」といい、いざというときのためにスタンバイしていたという。
 
 
だが、実際はそのような事態にはならなかったようで、釘を抜いて数分後に男性は目を覚ましたという。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mirror/Incredible picture shows gardener’s miracle survival after three-inch nail gets stuck in his eye
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ