画像出典:YouTube(ANNnewsCH)

自民党・丸山和也参院議員の2月17日に行われた参院憲法審査会での発言が問題視されている。

アメリカでは黒人が大統領になっていることを指し、「建国当初、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。それだけのダイナミックな変革をしていく国なんです」と発言した。

また、参考人質疑では「日本がアメリカの51番目の州になることについて(日本国)憲法上、どのような問題があるのかないのか」と質問。そうすれば、「集団的自衛権・安保条約はまったく問題にならず、拉致問題もおそらく起こっていない」と自論を展開した。

これに対し、オバマ大統領は奴隷の子孫ではないという指摘や、およそ国会議員の発言とは考えられず人種差別だとの声があがっている。

かつてテレビ番組では「丸山弁護士」として親しまれ、突飛な発言で良くも悪くも場を沸かせてきた経歴をもつ丸山議員だが、現在は国会議員であり、その発言の場はバラエティショーではないのだ。もう、発言の真意を正したり、横から叱責してくれる共演者はいない。

 

 

 

丸山議員は審査会終了後の記者会見で「誤解を与える発言」であったと謝罪している。

 
丸山議員の憲法審査会発言に「暴言」批判 撤回謝罪(16/02/17)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:朝日新聞/「黒人・奴隷が米大統領に」 自民・丸山氏が発言し陳謝
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ