JR新小岩駅は、知る人ぞ知る自殺名所となっているのをご存知だろうか?
 
 
理由はさまざまだが、成田エクスプレスが速度を落とさず通過していくことや、線路の構造、ホームドア設置の遅れなどが挙げられている。
 
 
2011年には、飛び込んだ女性が跳ね飛ばされて他の乗客を巻き込む事故も発生した。
 
 
そんな中、少しでも人身事故を減らそうとしている駅の対策が、露骨なことになっているようだ・・・。

 
 
 

◼︎ホームを青色に照らす

 
 
 

◼︎癒し系画像の設置


 


 

 
 
 

◼︎練習用非常停止ボタン


 

 
 
 

ここまで露骨に自殺対策を実施しているのを目の当たりにすると、深刻さが伝わってくる・・・。
 
 

ホームドアの設置は行われていないようだが、いちばん初めにやらなくてはいけない対策なのではないだろうか?

 
 


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

 








この記事に関するまとめ