幅広い世代に愛飲されている「コーヒー」。

毎日飲んでいる方も多いのではないだろうか。

コーヒーは身体に良いとはいえ、飲み過ぎても大丈夫なのだろうか。

そんな疑問に対し、国立がん研究センターでのレポートを元に作成された動画があるのでご紹介しよう。

 

 
画像出典:YouTube(Spotwright)

日本人約9万人を平均19年間も調査した結果、コーヒーを1日に3〜4杯飲む人は死亡リスクが24%も減っていた。

原因として、コーヒーに含まれる「ポルフェノール」の効果などが考えられる。

ちなみに、コーヒーは糖尿病などの病気を予防し、健康に良いとされている。

 
画像出典:YouTube(Spotwright)

しかし、全人類の約半分はカフェインを体内で分解するのが遅いそうだ。

そのため、1日に3杯以上コーヒーを飲むと心臓発作のリスクが64%も高くなるという説もある。

 
画像出典:YouTube(Spotwright)

何事にも適量が大切なので、カフェインの取りすぎには注意してコーヒーを飲みましょう。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Spotwright)
参照:国立がん研究センター/コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ