イギリスBBCによると、アルゼンチンの自然保護区内で敗戦後に逃亡したナチス・ドイツ兵たちの隠れ家が発見された。
 
 

画像出典:BBC

 

研究者たちがアルゼンチンの北部の廃墟付近で第二次世界大戦中のドイツで鋳造されたコインを発見されたことや、地元の伝説などから調査を開始し、この隠れ家の発見につながったという。
 
 

画像出典:BBC

 
 
発見に関わった研究者ダニエル・シャベルゾン氏によると、壁はところどころ9フィート(3メートル)にも及ぶ個所もあり、この公園内にしてはかなりの規模の建物のようだ。
 

画像出典:BBC

 
 
しかし、ナチス・ドイツの逃亡者たちはアルゼンチンの都市部で比較的に快適な生活を送れていたので、人里離れたこの建物は使われることはなかったのではないか? とも語っている。
 
 
また、建物の内部からは1930年代後半〜1940年代にかけて製造されたマイセンの欠片なども発見され、時期的にも一致するという。
 
 
これをきっかけに、さまざまな歴史の謎が解明されることを期待したい。
 
 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:BBC/Argentine archaeologists probe ‘Nazi hide-out’ for clues
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
 








この記事に関するまとめ