定食チェーンの「大戸屋ホールディングス」が2019年4~9月期の連結営業損益が1億9000万円の赤字になったことを発表しました。

「大戸屋ホールディングス」が赤字決算となるのは、2001年に上場して以来初とのこと。

赤字となった要因は、メニューを値上げし利用客が想定を下回ったことと、サンマの不漁で人気商品を扱えなかったことがあるそうです。


ネットの反応


・大戸屋行かなくなったもんなぁ
・大戸屋がなくなると生きていけない
・大戸屋よりやよい軒だわ
・いつも混んでてそもそも入るのを躊躇う
・大戸屋は注文から提供まで時間かかり過ぎなんだよ

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(大戸屋ごはん処【公式チャンネル】)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ